インターナショナルスクール選び 間違ってはいけない将来のお子さまの将来設計!

>

国際バカロレア認定校(IB)かどうか

バカロレア資格については、年齢ごとにプログラム化されています。
3歳から12歳までを対象としたプライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)。
12歳から16歳までを対象としたミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)。
16歳から19歳までを対象としたディプロマ・プログラム(DP)。
となっており、この中で特に重要になるのが国際的に認められる大学入学資格が得られるディプロマ・プログラム(DP)であるかです。
インターナショナルスクールに入学させたいタイミングによりますが、このDP資格取得の有無については、かならず念頭においてください。
お子さまが目指したい進路がどのような方向性になるか未知数な段階では、この資格取得の有無は非常に重要です。


ディプロマ・プログラム統一試験の平均点

DP資格を取得するためには、当然試験認定が行われます。
45点満点で合格点は24点です。
平均点は30点程度です。
学校のレベルはその平均点を参考にすることで、教育水準の検討をつけることができます。
日本の偏差値をイメージされるとなんとなくわかると思います。
とはいっても、気を付けないといけない点があります。
それは必ずしもその学校の生徒全員が受験していない可能性があることです。
なかには、学校によって受験する生徒を絞り込んでいたりすることもあります。
そのため、その学校での受験対象学生の母数は何名か知る必要があります。
そして何名が受験した上での平均点かを確認する必要があります。
これらの情報も参考にお子さまのスクール選びをする必要があります。


インターナショナルスクールって?

この記事をシェアする