インターナショナルスクール選び 間違ってはいけない将来のお子さまの将来設計!

インターナショナルスクールって?

大切なお子さまをインターナショナルスクールへ通わせたいその理由はなんでしょうか? 『国際』と訳されるこの言葉から、世界で活躍できるお子さまの将来増を描いているのではないでしょうか? だからこそ見落としてはいけないポイントが国際認定の有無になります。

インターナショナルスクールだからこそ考えること。

インターナショナルって和訳すると「国際」という意味です。 いろんな国や地域の同年代と異なる文化をもったもの同士が学ぶ場所です。 もしも、そんな場所で日本人ばかりの環境に身を置くことになれば、どうでしょうか? おそらく日本の国際色を特徴にした学校で学んだほうがよほど将来のためになるかもしれません。

学費ってそもそもどれくらいかかるのでしょうか

学費もまた、教育上もっとも大切な検討事項のひとつです。 日本の学校で受けられるメリットが、インターナショナルスクールでは受けられないことだってあります。 インターナショナルスクールへ通うにあたって、どれくらいのお金がかかるのでしょうか。 どんなことに注意したらいいのかを考えてみましょう。

教育カリキュラムは当然考えるポイント

日本でも「インターナショナルスクール」という言葉を聞かれることが多くなってきました。
文部科学省の見解では、『主として英語の授業で、外国人児童生徒を対象とした教育施設』と捉えています。
このスクールの児童の多くは、帰国子女や二重国籍を有するお子さまが実情です。
よく似たもので「ナショナルスクール」というものがあります。
こちらは特定の国の子どもたちが通う施設をいい、帰国後、祖国にすんなり溶けこめることを目的に運営されています。
日本で認可を受けているインターナショナルスクールの数は全国で125校といわれ、なかには日本国籍の児童を受入れでいる施設も多くあり、実際に通っている児童もいます。
そのため、お子さまをインターナショナルスクールに通わせたいと思う親御さまもいらっしゃるかもしれませんね。
ですが、普段の生活の中で、これらの情報を身近に触れる機会もなかなかないのが現実です。
インターナショナルスクールに通わせれば、英語ができるようになる!
将来はグローバル人材として世界で活躍する子に育てられる!
と考える親御さまが多いのでないかと想像します。
このインターナショナルスクールの基本的な背景を知らないまま、お子さまを入学させてしまうことで、良くも悪くも大切なお子さまの人生を大きく変えてしまうことになります。
日本でのインターナショナルスクールに通わせる上で、どんなことに注意したらよいのかをこの記事ではその選び方をご紹介します。